2011年08月02日

インプラントall-on-4の利点

インプラントall-on-4について考えてみたいと思います。

オールオンフォーインプラント治療とは、ポルトガルのドクターマローによって開発された治療法です。

上顎、もしくは下顎に対し、4本のインプラントを埋め込み、そのインプラントを強固なフレームで連結し、そこに人工歯を並べることで、歯が一本もない顎に対し、100%の審美領域の回復と80%の咬合回復を図る治療法です。


さきほど、「上顎、もしくは下顎に対し」と申しましたが、もちろん上顎、下顎の両方同時に行うこともあります。

オールオンフォーの特徴は、サイナスリフトをしないでいいことが挙げられます。この利点はとても大きいものです。

オールオンフォー開発者のドクターマローは、このように言いました。「骨移植移植の終わりの始まりです。」

骨移植をしないで済むなら、外科侵襲が少ないです。

骨移植をしないで済むなら、治療費が安いです。

骨移植をしないで済むなら、手術時間が少なくくむので、患者もうれしいが、外科医も一日に手術できる人数が増えるので、より多くの患者が救われる。


さらに詳しい情報が必要な人は、アマゾンでインプラントの本が買えるので、これを参考にしてみて下さい。
posted by オガオガ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。