2009年11月27日

茨城県の歯科衛生士

茨城県の多くの歯科医院は、歯科衛生士不足に困っているらしい。
歯科衛生士学校は、2つしかありません。
学校法人 広沢学園:歯科衛生士科(定員40名)と茨城県歯科専門学校(定員30名程度)だけです。
大学や短大の卒業生の就職が困難な現在でも歯科衛生士は、売り手市場のままです。
歯科衛生士専門学校の入学は、学力が高くなくても可能なので、狭き門という言い方はしませんが、茨城県全体で、毎年70名しか卒業しないのですから、1000件以上ある歯科医院が困るのは当然です。
『歯科衛生士の離職率も高く、卒業しても他の職業につく人はけっこう多い。結婚したり、子供を産んだ途端に離職して、復帰しない歯科衛生士が多い。』などの理由で歯科衛生士不足は看護婦不足よりも深刻です。
そんな状況ですから、歯科医院は優秀な歯科衛生士の確保に高待遇を用意しています。
歯科衛生士不足により、能力にまさる高給や高待遇が続いている為に、少し仕事を覚えると天狗になってしまう人もいるようです。
【関連する記事】
posted by オガオガ at 18:47| Comment(0) | 歯科衛生士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。