2011年12月01日

政治資金でキャバクラ

農林水産省の岩本司副大臣は1日の記者会見で、キャバクラやクラブでの飲食代を自身の資金管理団体が政治活動費として支出していたことを明らかにした。岩本氏は「後援者との懇親会だった。国民に誤解を招くことは今後控えたい」と語った。
 2010年の政治資金収支報告書によると、支出先には今年6月に風営法違反容疑で警視庁の家宅捜索を受けた東京・西麻布の店舗も含まれていた。岩本氏は「会合が重なっている場合もあり、これは(政治活動費から)外そうという余裕がなく、そのまま事務所に領収書を渡した。女性と遊ぶのが目的だったら、当然自分で払っていた」などと釈明した。 (Yahooニュースより)


困りましたね。後から釈明しても、カッコ悪い言い訳とみなされます。
政治資金でキャバクラに行くことは、増税議論をしている国会議員のやることではないですよね。キャバクラが悪いわけではありませんが、キャバクラは、納税後の自分のお金でいくところでしょう?

そこで政治活動ってことは考えにくいなぁ、、なんでばれたんだろうか?

posted by オガオガ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド