2016年10月09日

インプラント治療のモンスター患者って

モンスターペイシェントとかモンスター患者って言われる人って、いつも怪物(モンスター)なのでしょうか?
私は違うと思うのです。
いつもは普通の善良な一般市民であり、家族にとっては愛すべき妻であり、愛すべき夫です。その人には当然感情があり、楽しいときは笑うし、逆に憤慨することもあります。普通の人間には感情の起伏があります。普通の事です。しかし、感情はいつでもそのまま出すわけにはいきません。それを我慢する事も必要でしょう。お葬式の時に思いだし笑はしてはいけないし、友人の結婚式の時は楽しくなくても笑顔を作るのが社会では必要とされます。

同じ人が笑うときもあり、怒る時もあるが、時には感情を押し殺す必要があります。

もし、あなたが初めて人と会うとします。その相手がたまたま怒っていたら、おそらく「この人は怖い人」と思うはずです。

もし、あなたが初めて人と会った時に、その相手が笑顔で迎えてくれたら「いい人」と思うでしょう。

同じ人です。いい人でも悪い人でもない。フツーの人。その時に、良い事をした、悪い事をしたという事はあっても、いい人でも悪い人でもないです。

インプラントモンスター患者の話に戻します。

モンスターは職場ではモンスターでしょうか?違います。上司に信頼されています。
上司は歯科医院で無理難題を主張して、歯科医院スタッフに迷惑を欠けている行動を知りません。

モンスター患者は家に帰ってもモンスターでしょうか?違います。家族に愛されています。
家族は、歯科医院で無理難題を主張して、歯科医院スタッフに迷惑を欠けている行動を知りません。
むしろ、歯科院で嫌なことをされたと話されたら、家族はこう思うはずです。
「家の家族が悪いわけがない。歯科医院側が悪いに違いない」

事実は確認することをせずに、中立に考える事もしません。「家族の言っている事が100%が正しい」事を前提に一緒にクレーマーになることも多いです。

モンスター患者になる人の特徴があります。

年齢は30歳から80歳くらいまで、女性が多く、女性の場合更年期障害の症状としてでる場合が多いようです。
自分が大好きで、自分の考えは正しいものだ、自分以外の考えをする者はおかしいから、正さないと私は許さないという考えの人が多いです。

治療に対しては、自分本位のわがままな要求をします。ですから、あちこちでトラブルを起こし、歯科医院を転々としています。歯科医師の指示に従わないためだと思いますが、口腔内の状況は悪いです。そして、それは今までにかかわった歯科医師が悪いからだと思っているようです。そのような発言もします。

インプラントモンスター患者の特徴としては、待合室など他の人がいる所で、わざと大声で自分の意見を象徴します。わざと相手を困らせる事で、相手にここから逃れたいと思わせ、交渉を有利に進める狙いです。

その内容のほぼ99%は金です。治療費を値切る。慰謝料を受け取るというのが狙いです。「99%金の要求です」残り、1%は満足するため。スッキリするため、自分の力を示すためです。

モンスター患者は、自分の家族や職場の仲間がいるときには、善人を演じています。それらがいないときに本性を出しますから、本性を知らない周りの人すら味方に付ける術を知っています。

人の弱みを見つけてそれを自分の利益に変えようとする人たち、困ったものです。
モンスターは、コロコロと姿を変えます。

家族や裁判官の前では、「困っている弱い患者」に返信します。
だからモンスターというのでしょうね。

困ったものです。
posted by オガオガ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

政治資金でキャバクラ

農林水産省の岩本司副大臣は1日の記者会見で、キャバクラやクラブでの飲食代を自身の資金管理団体が政治活動費として支出していたことを明らかにした。岩本氏は「後援者との懇親会だった。国民に誤解を招くことは今後控えたい」と語った。
 2010年の政治資金収支報告書によると、支出先には今年6月に風営法違反容疑で警視庁の家宅捜索を受けた東京・西麻布の店舗も含まれていた。岩本氏は「会合が重なっている場合もあり、これは(政治活動費から)外そうという余裕がなく、そのまま事務所に領収書を渡した。女性と遊ぶのが目的だったら、当然自分で払っていた」などと釈明した。 (Yahooニュースより)


困りましたね。後から釈明しても、カッコ悪い言い訳とみなされます。
政治資金でキャバクラに行くことは、増税議論をしている国会議員のやることではないですよね。キャバクラが悪いわけではありませんが、キャバクラは、納税後の自分のお金でいくところでしょう?

そこで政治活動ってことは考えにくいなぁ、、なんでばれたんだろうか?

posted by オガオガ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

2011年の生活保護者数は59年ぶりに200万人に増加

2011年3月末時点の全国の生活保護者数は、202万2333人で、これは59年ぶりに200万人を突破しました。59年前とは、戦後の混乱期の1952年のことです。

高度成長期によって戦後の混乱期を脱したはずの日本人は、「貧乏の人の数」から見ればまた「残念な時代」に逆戻りした形となります。
生活保護は、国民が「どうしても自分の力で生活できない弱者」を支えようという助け合いの精神からできたのだと思います。

まずは、「どうしても自分の力で生活できない弱者」にならない努力はすべきだし、「どうしても自分の力で生活できない弱者」になったらそこから抜け出す努力はやめないで欲しいと思います。

「そこに甘んじる」「働かなくてお金がもらえるから楽」という気持ちにならないように、生かされていることに感謝し、納税者に感謝しながら、抜け出す努力をしてほしいと思います。

データを見ると、

統計を取り始めた51年度は、204万6646人で過去最高、続き52年度は、204万25550人です。それに続く史上3番目に多いのが、2011年の計勝保護者数です。

これは、大事件です。

2011年の生活保護の世帯数は145万8583世帯と過去最高を更新しました。

さらにこの統計には表れていないが、この3月の統計後、4月末までに生活保護を受けることが決まった世帯が全国に549世帯いるのです。
これは、東日本大震災の影響もあることでしょう。

私たち、日本人は、がっばってもだめな人、結果が出ない人を支えたいです。

ニートたち!生活保護が楽だから・・・、とか真面目に働くと損をするいう考えを改めて欲しいものです。
posted by オガオガ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

治療費の半額を寄付する歯科医院

被災地茨城県の歯科医院は、地震や津波の影響で、少なくとも3軒の歯科医院が廃業したそうです。
そんな中、自らも歯科医院建物に被害を受けた歯科医院が、歯科診療を続けながら、売り上げの一部を寄付するとのこと。

その名も「泣きっ面に蜂チャリティーキャンペーン」です。治療費を割引き、その売り上げの半分を寄付するそうです。

今や寄付は、当然の社会現象です。日本中が力を合わせないといけない時です。小学生も寄付をしています。そんな中、芸能人が、被災地に向かう際は、テレビカメラを連れて行ったり、企業やスポーツ選手が募金をするときには、その額を発表する場合があります。

名のない募金も大切ですが、公表することで『売名行為』と批判する人がいます。もちろん批判する人も募金はしているのでしょうが、そんな批判して悪口の言い合いをしていないで、できる人ができる形で支援をするということでいいのではないでしょうか?

大橋巨泉さんに週刊誌で、『売名行為』といわれた石川涼選手の寄付は、悪いことではありません。
できる人がやるということに加えて、『私も応援していますよ』と自らの名前を出すことが、現地の人の励ましになるとともに、寄付の伝播が期待できるのです。

寄付の時に名前を出すと批判されるという風潮を恐れず、名前を出す有名人の勇気をたたえたいと思います。おおとも歯科も批判に耐えて頑張れ!


posted by オガオガ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大震災

今回の東日本大地震に付随した原子力発電所での事故が注目されています。

現時点で、東北電力の女川原発のモニタリングテストで通常の400倍の放射能が検出されました。しかし、女川原子力発電所では、事故は起こっていないそうです。

この数値は、福島県の福島第一原子力発電所から風に乗って、100km以上移動したといわれている。

政府は、福島第一原子力発電所から半径20kmの住民にのみ避難をさせたが、たった20km動かしても被ばくは免れないこと。20km以上の住民も被爆していることが考えられるということが言えます。

情報がないと不安ですし、政府は正確な情報を隠さずに出してほしいと思います。

今回の東日本大震災での死亡・行方不明者の数は、2万人を超えるでしょう。
私も人的、物的被害を受け、仕事もだめになりましたが。家族も含めて命は助かりました。

亡くなった方には、ご冥福をお祈りいたします。

そして、混乱の中でも働き、事態収拾に努めている自衛隊員などの公務員の皆様、民間の会社員の皆様、ご苦労様です。感謝いたします。
posted by オガオガ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

水戸市民の好きな常陸牛

雷雷地域ネタと食べ物の話です。

水戸市に人が、岡山県の人に水戸市民って納豆ばっかり食べているの?と聞かれたそうです。水戸といえば、水戸納豆と水戸黄門しか思いつかないそうです。

水戸の職場の忘年会や新年会では、たまにいいものを食べようというときには、「常陸牛を食べよう」ということになります。

常陸牛とは、神戸牛や松坂牛と同じ黒毛和牛という牛の肉です。茨城県で育って、厳しい基準に合格したら常陸牛になれます。


お金持ちやお医者さん、弁護士さんなどは、頻繁に食べているのかもしれませんが、たまに食べるからおいしいということもありますよね。

水戸といえば、水戸の梅も有名ですが、水戸の梅の花が有名なのであって、水戸市の食通は、水戸の梅干をあまり食べません、
水戸の梅干は、小粒で肉が薄いおにぎり用の梅干です。
食通は、紀州の梅干しを食べていますよ。納豆は、有名ですけど、ブランドは水戸であっても工場が水戸にないケースもあるようです。別に工場はどこでもいいのですが・・・。

どうせ、水戸納豆に使う大豆は、水戸産ではないですし・・・。

まあ、産地にこだわらずにおいしいものを食べましょうというお話でした。










泥棒 水戸市 泥棒 窃盗 詐欺 詐欺師 裏切り 裁判 慰謝料 給料返還
posted by オガオガ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド