2010年02月20日

消防機関からAED不具合の疑い事例報告が328件あった!

AEDを知っていますか?AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし、すなわち心室細動になった場合、心臓に電気ショックを与え、心臓の鼓動を正常なリズムに戻すために使用する医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになりましたので茨城空港茨城の先進的な医院病院、公共施設などに設置されています。

そんな中、2月19日20時31分配信 医療介護CBニュースによると

総務省と厚生労働省が共同事務局を担う「全国メディカルコントロール協議会連絡会」(総務省と厚生労働省が共同事務局:会長=小林國男・帝京平成大教授)による全国の消防機関を対象に実施した調査において、AED(自動体外式除細動器)の不具合が疑われた事例の報告が、なんと計328件もあった。

調査は、昨年12月8日から今年1月15日までの約1ヶ月の間に全国都道府県を通じて全国の803の消防機関を対象に実施したものです。

調査の目的はAEDの不具合事例の把握です。

 調査結果によると、AEDの不具合が疑われた事例は計328件でしたが、地域差があるのに驚きました。

 全国都道府県別では、最も多かったのは広島県の45件で、これに北海道(36件)、千葉県(26件)、大阪府(24件)などと続いた。
 一方、青森県、岩手県、東京都、静岡県、鳥取県、長崎県ではゼロでした。

 事例数について総務省消防庁は、事例の中には、
▽機器に不具合があるもの
▽機器の性能限界として許容される範囲内にあるもの
▽機器に特段の不具合があるとは言えないもの-などが含まれている可能性があると言っている。

 一方、厚労省は不具合の疑いが報告されたAEDの製造販売業者に対し、必要に応じて自主回収などの措置を講じるよう指示した。

つまり、地域差があるという事は、各AEDメーカーの営業がどの地域に多く入り込んでいるか、だと思います。
機種差がはっきりしているということです。

命がかかっているのですから、「メーカーが悪い!」で済ませずに、国の責任として対策を取ってもらいたいものです。
茨城新聞では、トヨタ車の不具合ばかり報道されますが、人知れず死んでいく命にもスポットを当てて欲しいと思います。

人の命を守るのは、病院の医者だけでなく、医療機器メーカー、自動車メーカーなど様々な方々ですね。
ラベル:AED
posted by オガオガ at 09:04| Comment(0) | 医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

トホホ大賞2009年

映画専門誌「映画秘宝」は、2009年劇場上映作品のワースト10を紹介するトホホ大賞「トホホ10」を発表した。
トホホ10は以下のとおり。
モバQ
第1位『DRAGONBALL EVOLUTION』
第2位『ターミネーター4』
第3位『2012』
第4位『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』
第5位『しんぼる』
第6位『カムイ外伝』
第7位『13日の金曜日』
第8位『HACHI 約束の犬』
第9位『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』
第10位『20世紀少年』シリーズ

映画の作り手側に立って考えると、トホホといわれるのは心外ですよね。
あらゆる作品は、利潤追求だけでなく、何か伝えたい事があるはずだからです。
作り手が満足しているから完成となり公開しているのでしょう。
しかし、映画館(内ジャス)に足を運ぶ客は、大切なお金を出しているのですから、客を満足させないと悪く言われてしまうのですね。

しかし、日本映画の「宇宙戦艦ヤマト」は最悪だったですね。お客を舐めてます。
posted by オガオガ at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

お尻と太もものぜい肉は「健康に良い」、英研究

デブは、好きですか?嫌いですか?
肥満と言っても、一様でなく、「りんご型」や「洋なし型」体型がありますよね。どちらが健康に良いのかという話です。

英オックスフォード大(Oxford University)の専門家が2010年1月12日に興味深いな医学論文を医学誌「International Journal of Obesity」に発表しました。

論文によると、お尻、太もも、背中のぜい肉は、おなかのぜい肉よりも健康に良く、糖尿病や心臓病からも積極的に守ってくれるというのです。

おなかの脂肪は、有害な脂肪酸を体内に放出しやすい。さらに、サイトカインと呼ばれる分子を放出して炎症を誘発し、糖尿病や心臓病のリスクを高める原因にもなるます。

それに対し、太ももの脂肪は、こうした脂肪酸を封じ込め、脂肪酸が肝臓や筋肉に取り付いてインスリン耐性などのさまざまな健康障害を起こすのを防いでくれるということです。

太ももと背中の脂肪は、(おなかの脂肪よりも)燃焼が遅く、転換しにくいが、その代わり動脈を保護し血糖コントロールを促進する有益なホルモンを放出できるというのです。 
 
 つまり、健康に良い体形は「りんご型」よりも「洋なし型」ということになる。つまり、ぜい肉がおなかにではなく太ももについているということだ。

しかし、どちらかのぜい肉だけを選んでつけることは難しいですよね。
つまり、やせるのが一番です。無駄な研究でした。

肥満についての相談は、エステでなくって、病院で相談した方が良いですよ。
posted by オガオガ at 13:58| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

内ジャス

「内ジャス」って知っていますか?

茨城県水戸市のすぐ隣にある内原町という所にある大型商業施設が通称内ジャスなのです。

内原町と言ってもほとんど水戸市のような扱いを受けています(笑)。

その中には、TOHOシネマズという映画館や専門店街、歯科医院、医院、エステティッ久サロンなどがあります。

「内ジャス」の名の通り、スーパーマーケットのジャスコ内原店がメインの施設です。

水戸市の近くに来た方は、寄ってみてください。レストラン街もありますよ。

歯医者さんもあるのですね。立地が良く、混んでるみたいですが・・・。
posted by オガオガ at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

脂肪吸引で死亡事故

2009年12月に品川美容外科(池袋)で脂肪吸引の手術を受けた70歳の女性が死亡しました。病院
ご冥福をお祈りいたします。
品川美容外科側は、患者を殺そうとした訳ではないので、品川美容外科が悪の根源だとは思いません。
結果的に不幸が起ったのですから、何らかの形で責任は取らなければいけませんが、全ての外科手術は、必ず安全であるとか、必ず成功するとか、その様な事はないわけですから、患者側も常に「リスク」を負ってまでも受けるべき手術なのかを良く考えた方が良いと思います。

『治療費を払えば、結果は約束されるべきだ。』という考えは、理想です。患者の要望です。

しかし、実際には『横断歩道を渡るのと同じ』ようなものです。
この件では、いろいろと考えさせられますね。
posted by オガオガ at 12:55| Comment(0) | 医療問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

茨城県の歯科衛生士

茨城県の多くの歯科医院は、歯科衛生士不足に困っているらしい。
歯科衛生士学校は、2つしかありません。
学校法人 広沢学園:歯科衛生士科(定員40名)と茨城県歯科専門学校(定員30名程度)だけです。
大学や短大の卒業生の就職が困難な現在でも歯科衛生士は、売り手市場のままです。
歯科衛生士専門学校の入学は、学力が高くなくても可能なので、狭き門という言い方はしませんが、茨城県全体で、毎年70名しか卒業しないのですから、1000件以上ある歯科医院が困るのは当然です。
『歯科衛生士の離職率も高く、卒業しても他の職業につく人はけっこう多い。結婚したり、子供を産んだ途端に離職して、復帰しない歯科衛生士が多い。』などの理由で歯科衛生士不足は看護婦不足よりも深刻です。
そんな状況ですから、歯科医院は優秀な歯科衛生士の確保に高待遇を用意しています。
歯科衛生士不足により、能力にまさる高給や高待遇が続いている為に、少し仕事を覚えると天狗になってしまう人もいるようです。
posted by オガオガ at 18:47| Comment(0) | 歯科衛生士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド